• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

お詫びとお礼

  • 2016年04月28日(木) 16:21:00
  • 未分類
今回、管理者が投稿致しました記事について
たくさんのご意見を頂戴いたしました。

言葉が足らず、皆様に誤解やご心配をおかけしました事
心よりお詫び致します。

私達は預かりを9年やらせていただいていたのに
接し方や判断力が未熟な為に
このような結果を招いてしまいました。

今後につきましては
このような事がないように反省をして
活動していきたいと考えています。

9年預かりをしておりますと
いろいろな方たちと出会います。

私達に対して好意的な方もいれば
そうでない方もいらっしゃいます。

それは仕方のない事です。

開き直ってるとご指摘されたい方もいると思います。

ですが、尊い命を預かり幸せな一生を見つけてあげたいと思うと
時に、厳しい事をお話したり不快な話もしなければいけない時はあります。

私たちは、ボランティアをしているつもりはありません。

犬が好きだから続けていられるんです。
人として当たり前の事をしてると思っています。

いづれ預かりができなくなる時は必ず訪れます。

保護犬・保護猫がゼロになった時
団体に対して迷惑がかかってしまった時

私達は喜んで身を引きます。

出来る事を続けていく事しかできませんので
これからも保護犬やいぬ親様
そして希望者様に対しても真摯に向き合っていきたいと思います。

宜しくお願い致します。



スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る